ホーム > BLOG > シール貼り作業って仕事になるの!?どれくらい稼げるのか不安

シール貼り作業って仕事になるの!?どれくらい稼げるのか不安

こちらのサイトでは、皆さんにシール貼りの作業のお仕事をご紹介しております。

でも、皆さんの中には「シール貼りなんか子供の遊びでしょ?そんなの仕事になんかなるの?」と疑問に思われる方もいらっしゃると思います。

確かにシール貼りという言葉だけ聞くと、子供さんのシール遊びのイメージを思い浮かべる方も少なくないでしょう。

ですが、実際にお仕事はありますし、こうしてご紹介できているわけです。

そこで今回は、シール貼りという仕事について、内容やどれくらい稼げるのかなど徹底研究・解説していきたいと思います。もし、シール貼りの仕事をしてみようかなと検討されている方は是非参考にしてみてください。

シール貼りってどんな仕事?

sealwork33.gif

シール貼りの仕事にもいくつかの種類があります。

ここでは、どんな仕事があるのか見ていきましょう。

1.商品にシールを貼る

シール貼りの仕事で一番多く、一般的なのは、販売する商品にシールを貼るものです。

例えば、皆さんはスーパーなどでお買い物をなさると思いますが、その時生鮮食品を見ていただくとシールが貼ってありますよね?商品名や消費期限、グラム数、値段などさまざまな情報が書いてあります。バーコードなんかも印刷されており、それを元にレジでお会計をしてもらうのが普通ですがあのシールを貼る仕事があります。全て機械で行う職場ももちろんありますが、だいたいは人の手で丁寧に1枚1枚貼ってあるのが普通なんです。

商品にシールを貼る仕事は、食べ物だけでなく様々な商品の値札を貼る、情報が書かれたシールを貼るなど仕事としては思っている以上に種類があり需要があります。

2.検査物にシールを貼る

この仕事は、少し特殊です。

例えば、皆さんは血液検査などを行うこともあると思いますがその際、誰の血液かわかるようにシールを貼っているのに気づきませんか?このように、何かを検査した際にそれを識別するためにシールを貼る仕事があります。これは非常に重要な仕事で、間違えてしまうと大変なことになります。

また、現場的には専門分野になりますので、仕事内容は単にシールを貼るだけなのですが、その職場に適した資格や知識のある方が求められるケースもありますので、誰でもできる仕事というわけではありません。

作業自体は簡単ですが、その内容の重みは一般の方で背負えるものではないため、専門知識のある方のみの応募の場合も多いです。

他には、今ほとんどの方が所持なさっているスマートフォンやタブレットなどにシールを貼る作業です。

このような精密機器を出荷する際には、色々な個所に各種シールを貼って出荷しますが、最終的なチェックは人の手で行われるため、これらの商品に貼るシールは手作業であることが多いです。このタイプの仕事は、上記で述べたように専門的な知識は必要ありませんが、場所によって貼るシールが違うなど単純作業というわけにはいかない場合が多いので、集中力を要する仕事ではありますね。

細かい作業になりますので、目が見えにくいなどの場合は難しいかもしれません。

3.仕分けのためのシールを貼る

最後は仕分けのためのシール貼りの仕事です。

わかりやすくイメージしやすい仕事と言えば、図書館での業務でしょうか。

図書館では、新しく入荷した本や、市民から寄付があった本などを分別するためにシールが貼ってありますよね。あのシール貼りの作業はなかなか大変で、人手を多く必要とする仕事でもあります。この仕事は司書でなければできないというわけではないので、図書館で働くアルバイトやパートの方に任せている図書館も多いようです。

他には、工場内で部品にシールを貼る仕事、機械にシールを貼る仕事などさまざまな仕事がありますがいずれも、分類訳のためのシール貼りの仕事で、こちらも責任重大な仕事ではあります。

シール貼りの仕事は誰でもできるの?

シール貼りの仕事は、作業自体は単にシールを貼っていくだけなので、難しい作業ではありません。

しかし、上記でも述べましたがシールを貼る内容によっては、非常に責任重大で(責任のない仕事はありませんが)例えば専門資格を保持しているなど、シール貼りの仕事であっても資格が必要という場合もあります。

また、シール貼りの仕事だけではなく、他の仕事も行う会社がほとんどで、シール貼りの仕事のみという求人はまずありません。商品にシールを貼る場合でも、その商品の検品や組立、梱包などの業務もあり、シール貼りはその仕事の一部であるということが多いです。

総菜にシールを貼る仕事でも、盛り付けや食材を切り分ける作業など、シール貼りの仕事より別業務の方が主体であるという場合がほとんどで、「シール貼りの仕事だと聞いて応募したのに話が違う」と雇い主と雇用者との間でちょっとした相違(トラブル)が発生する場合もありますので、業務内容はご自身でしっかり確認するとともに、面接の際に具体的に業務内容をしっかり聞くようにしましょう。

余談ですが、筆者も「パソコンを使ったデスクワーク」という内容で求人があり、面接を受けて合格しましたが実際の仕事は梱包やトラックの運転などパソコンの業務はほとんどなかったということがあり、これこそ「話が違う」と退職した覚えがあります。

シール貼りの業務は、それだけですととても楽な仕事のように思えるので、雇う側も「簡単です」「誰でもできます」「シールでお小遣い稼ぎ」などとメリット部分ばかりを前面に押し出して募集するケースが多いのですが、実際はそのような楽な仕事だけでお給料がもらえるとは考えにくいので、シール貼りの他の業務にむしろ注意して求人をチェックする方が無難です。

シール貼りの仕事の見つけ方!まずはここに登録を

シール貼りの仕事について、ある程度おわかりいただけたでしょうか?

次に、シール貼りの仕事の見つけ方ですが、やはりインターネットで見つけるのが一番手っ取り早いでしょう。
シール貼りという言葉でも検索は可能ですし、こちらで紹介している求人サイトでももちろん見つけることが可能です。

求人サイトへの会員登録はもちろん無料ですので、この機会に是非登録してみてくださいね。

求人サイトに登録していただきますと、もしその時ご縁が無かったとしても貴方の興味のあるキーワードでお仕事の募集があれば、メールで紹介してくれるサービスも整っています。お仕事が見つかるまでサポートしてくれるので、登録だけでもしておかれると損は無いと思いますよ。

データ入力の仕事のメリットとデメリットとは?

何事にも言えることですが、データ入力の仕事にもメリットとデメリットがあります。

メリット

・単純作業が得意な方に向いている
・ブランクがあったり初めて仕事をするという場合に、比較的誰でもできる業務内容が多い
・もくもくと作業をする業務内容であることがほとんどなので、人見知りや人とコミュニケーションを取るのが苦手という方にぴったり
・シフト制でしっかり勤務管理がされており、計画に沿って業務を行うので休日もしっかり休めるし残業がまずないので、子育て世代にもぴったりである

デメリット

・飽きやすい
・集中力がないと辛い仕事である
・毎日同じ仕事なので変化がない
・シール貼りの仕事のみの求人はあまりない

シール貼りのお仕事とだけ聞くと、とても簡単で、それだけでお金がもらえるなんてすごく良い仕事!と感じて飛びつく方も多いのですが、よくよく考えればシール貼りの仕事だけで時給が貰えるというのはちょっとありえないですよね。でも、シール貼りの仕事として応募している場合は、基本的には体力仕事ではないので体力に自信がないという方や、デスクワークがしたいという方にはうってつけの仕事です。

何度も言うように、仕事の内容をしっかりとご自身で確認し、応募内容に相違がないかどうかは自分でチェックしなければなりませんので、注意して業務を始めるようにしてくださいね。

まとめ

いかがでしたか?

シール貼りの作業は、仕事になるかどうかという疑問点については、金額がどうであれ「仕事にはなる」ということはわかっていただけたと思います。どれくらい稼げるかという点においては、応募内容にもよりますが、シール貼りのみの業務がもしあれば、それは時給単価は当然低くなってしまいます。逆に時給がそこそこ高額なのに、シール貼りのみの仕事というのはありえないので、本当にシール貼りのみの作業だけなのかはしっかりと自分で確認してみる必要がありますよね。

ここでご紹介しているお仕事は、在宅ワークではありませんので、一度採用されて業務を始めるとなかなかやめるのが難しいので(在宅だったらすぐ辞めて良いというわけではありませんが)採用される前に面接の時点で、疑問がある場合は会社にしっかり質問して納得してから承諾するようにしてください。


複数応募ならディップのバイトルで探す

費   用 0円(初期費用0円)
特   長 【高時給/短期/日払いOK】のお仕事多数★バイト探しならユーザー満足度No.1のバイトル!

軽作業・内職案件探しならクラウドワークス

費用 初期費用0円
特長 カンタン作業▶内職・軽作業カテゴリーでシール貼り系の求人が出ても速攻ですぐに埋まるので応募ハードルは高いけど他の手作業の仕事なら根気強く応募することで仕事ゲットも可能!
応募方法 バナークリック後に画面上部のフリーワード検索から、内職・軽作業で入力して検索

ランキングで探す

費   用 0円(初期費用0円)
特   長 在宅アルバイトを中心とした人気ランキング